スマホで満足できなくなった私のカメラ選び(2016年版)

結局どんなカメラを購入したのか?

こんにちは。のろん(@noloan_)です。

我が子の写真をキレイに残したい。スポーツの写真を撮りたい。という目的で探したカメラ。2016年には3台のカメラを購入しました。手にした順に紹介していきます。機能的なことは、すみませんうまく書けません。

 

Panasonic DMC-LX100(2016年1月購入)

なぜこのカメラを購入したのか

バスケットのプレー中の写真が必要でした。ベンチからの撮影ですが、自分が監督のため試合の采配をしながら写真を撮るという条件w また、これまでの経験(コンデジやスマホ)から、体育館での撮影は非常に難しいと分かっていたので、失敗しないカメラ…ということで、我が記念すべきファーストカメラは、パナソニックのLX-100に決定しました!6万円弱で購入できました。

使ってみてよかったこと
  1. AFが速い
  2. 4K動画からの写真切り出しが便利(結局バスケはこれで撮りました)
  3. wi-fiでのスマホへの転送が便利
  4. やっぱりスマホより写真がキレイ
  5. ズームがあるので、望遠以外の状況はほとんど1台でOK
  6. ファインダーがあると写真撮りやすい!
使ってみて気になること
  1. ズームがやや遅い
  2. ズームの時のレンズが先細りでカッコ悪いw
  3. やや凸凹が目立つので、バッグに納まりが悪い

レンズの先細り問題?は、社外品のレンズフードを付けたら解決。この外観で「なんかすごいカメラ持ってるね!」と言われること数回。

LX100、買ってみてどうだった?

満足度で言えば、10点中9点!壊れたら安くもう1台手に入れようと思います。奥さんも「やっぱりスマホと比べて、写真がキレイね~」と言ってくれますし(この言葉こそ正義)非常に使い勝手がいいです。iAオートというモードにすれば何も考えずにシャッター押せます。日常で使用するシチュエーションであればこの1台だけでOK。望遠の距離になると厳しいです。たぶん、普通ならこれで満足するばずなんですが、カメラについていろいろ調べていくうちに「もっとセンサーサイズの大きなカメラでも撮ってみたい!」という欲がわいてきます|д゚)

2014年発売のLX100、生産終了品です。今なら底値で安く手に入れるも良し、後継機に向けて資金を準備するも良し、だと思います。

 

FUJIFILM X70(2016年6月購入)

なぜこのカメラを購入したのか

LX100で撮った写真でも満足していたけれど、もっとキレイな写真が撮れるようになりたい!と思うようになりました。それで、いろいろなメーカーのカメラを検索するうちに、フジフイルムの企業理念みたいなものに共感するところがありまして…あとフジフィルムのカメラで撮る写真は色がキレイ、肌の色がキレイという評価が多かったので、これは我が子を撮るために必要でしょう!という言い訳を自分で作って購入。早速カメラの世界で言うところの「沼」を体験しました。もう一つの購入理由は、「単焦点のレンズ」「手ぶれ補正なし」というところ。単焦点のカメラなんて使ったことありませんでしたが、カメラの基本を学ぶために、単焦点のカメラがいいんじゃないか?ということ。それから手ぶれ補正機能が無いということは、きちんとカメラを構える練習ができるのではないか?という理由。つまりは「修行カメラ」としてX70はいいんじゃないかと思ったわけです。

使ってみてよかったこと
  1. やっぱり評判通り、美しい写真が撮れる!
  2. フィルムシミュレーションでイメージを変えるの簡単
  3. wi-fiでのスマホへの転送が便利(奥さんに送るw)
  4. カメラそのものが美しいので、上品なお店での食事中、カメラをテーブルの上に置いても違和感がない!(シルバー)
使ってみて気になること
  1. 単焦点の画角に慣れるには多少時間がかかる
  2. ファインダーがない
X70、買ってみてどうだった?

満足度、10点中9点!壊れるまで使い続けます。

X70もこちらの目的にぴったりのカメラです。あまりに気に入り過ぎてブラックも購入してしまいましたが、さすがに同じカメラを2台持っていても活用できないため、泣く泣くシルバー1台に戻しました。ただ1点、LX100でファインダーを覗く楽しさを味わってしまったため、ファインダーがついていないのが個人的に残念。外付のファインダーもいくつか(!)購入しましたが、やっぱりカメラ本体についているのがいいな~…次のカメラを探さなければw

フォクトレンダーの外付ビューファインダー…純正かと思うほどマッチします!ところが発売から1年経たずに生産終了のアナウンスが!きっと出るだろう後継機のため、ファインダーは手元に残しておくことにします…

 

Canon EOS 60D(2016年12月導入)

なぜこのカメラを購入したのか

先輩に「カメラを40代の趣味にしたいと思ってるんですよね~」という話をした1か月後、「安くで譲ってあげるよ」という有り難いお話が。しかもしばらく使ってみてから決めていいとの事。ほぼ未使用のCanon EOS 60Dです。三脚やらアクセサリーがほぼ全て揃った状態で5万円!ありがとうございます。思わぬところから一眼レフが舞い込んできたという話。

使ってみてよかったこと
  1. やっぱりカメラの最終形態はこれ(一眼レフ)?
  2. 別に最新鋭のカメラじゃなくてもいいんじゃね?
  3. ちゃんと勉強しないと、使いこなせないね
  4. いいレンズじゃないいと、いい写真は撮れない
使ってみて気になること

まだありません

60D、買ってみてどうだった?

満足度で言えば、10点中8点。お利口さんの優等生タイプ。CanonのAPSマウントでレンズを増やしていくかどうか、考え中。

 

この記事のまとめ

1年に3台ものカメラを買うって、すでにおかしい状態w ですがカメラのおかげで楽しい1年になりました。

3台のカメラを手に写真を撮りながら思ったことは、カメラって、必ずしも最新機種がいいわけじゃないのでは?ということ。このあたりはIT機器とは少し趣が違うというか、機材の良さだけじゃなくて、撮影者の腕こそ大事だなと思うようになりました。2017年は写真とカメラの勉強をして、少しずついい写真が撮れるようになりたいと思います。それなりにお金はかかりますが、なかなかいい趣味にたどり着いたような気がします(*´ω`)

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP