最初にして最高のカメラ、LX100

こんばんは。のろんです。

本業で大きな仕事がひとつ終了し、珍しく達成感のある1日でした(*´ω`)

そんな佳き日に、私がカメラ趣味に辿り着く礎となりましたカメラであるLX100と話し合った(?)結果、お別れすることにしました。

 

LX100を購入して

こちらにも以前書きました通り、家族写真とスポーツシーンの4Kフォトのために購入したLX100。明るいレンズと露出ダイヤル、シャッタースピードのダイヤルが付いているので写真の勉強もできるかなと思いました。画質も満足のいくものでした。実際、親戚の集まりでこのカメラを取り出しても「贅沢しやがって」という視線を感じることもなく「いいカメラねー」と言われる感じでした。最初はこのカメラで写真を撮ろうとしなければ(撮影が楽しく感じなければ)カメラにお金をかけるのはやめようと決意して購入したカメラ。ポチる時、6万円もの大金をカメラに出す事自体にかなりビビりました。

LX100のおかげで大事なシーンをたくさん写真に収めることができました。24mmの広角から75mmまでのズーム、150mmまでのデジタルズームとF1.7という明るいレンズにより望遠以外のシーンはカバーできます。金属のボディは重量感もあり、ある日を境にファインダーを覗いて写真を撮ることが楽しくなっていきました。露出補正、シャッタースピード、F値もダイヤルを回しながら液晶を見ることで「あーここをいじるとこんな風に変わるのね」と少しずつ理解できるようになってきました。

このカメラ1台で十分満足。と思えれば安上がりだったのですが(-ω-)

 

不満のようなもの

センサーサイズがマイクロフォーサーズだったので、どうしてもAPS-Cサイズのセンサーの写真も自分の目で確かめたい!ということで数か月後にX70も購入。後いろいろ使っていくうちに気になる部分も出てきました。その中でも今回売却を決定づけたのが

↑このレンズとファインダーの出っ張り感(ノД`) なんか、カバンに入れた時に扱いづらいんですよね。ファインダー側もけっこう飛び出してて。リングとレンズフードを付けていますが、これが無いと個人的にちょっとカッコ悪いし。見た目も大事。ていうか見た目が大事。

 

↑電源オン(24mm)の状態。うにょーんてなる。起動もけっこうもたつく。一方右のX100Fはボディサイズこそ大きいけれど、容積としては変わらず使いやすい。

 

↑75mmにした状態。LX100の75mm以上の画角は画質が落ちていくので満足できず。一方X100Fはこのサイズのまま、デジタルテレコンで70mmまで扱える。出てくる画の違いは明らか。これだったらX100Fだけでカバーできるかな、という考えに。今のところ動画は撮ることがほとんどないし、スポーツ撮影はしばらく我慢すればいいかなって。

 

職場でのカメラとして

職場で写真を撮ることがあるので、職場専用のカメラとして持っておこうかな、という考えもあったのですが、今後そこまで高画質な写真が必要になる機会は増えないことがわかり、今回手放すことへ。

昨日最後に大仕事をしてもらい、自宅に持って帰りました。

外付けストロボを付けた姿もまた愛らしいのですw なんでこの1台で満足できなかったんだろう。あなたのこと好きなんだけど。それは間違いない。…でも他にもっと好きな人ができたの。

みたいな

オマエの都合でなんなんそれ!好きなら別れなくていいじゃん!?ていうかsa?d#’m+a^8d/…

 

この記事のまとめ

はっ…取り乱してすみません。いやカメラ選びって恋人選びと似てますねw この人のここが好き、でもここがちょっと。あとココだけ○○だったら言うことないんだけど。とか。

私は浮気とかできない(ん?)タイプなので、カメラも複数台持っても上手に使い分けできないなーと日々感じます。

クルマ選びとも似てるかも。クルマ何台も所有できませんからね。新しいクルマに変える時は、前の車とお別れする時でもある。

 

X70と60D(←使えてない)ともお別れして、X100Fの1台体制にして写真の腕を磨きたいと思います。

子どもが運動会に出るような頃には望遠でも撮れるようなカメラを…貯金せなん

初めての恋人として最高のカメラ、LX100でした。

そんな言い方されたってうれしくないんよ!大体なんでこno{&/,<1qayg,..

 

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP