大事な写真データを失うまでの3つの失敗と、同じ過ちを繰り返さないための4つの手立て@子育て初期

おはようございます。のろんです。

先日「自分の学生時代の写真が残っていない」「我が子の写真は残してあげたい」と綴ったワタクシですが、やってしまいました。大事な我が子のデータを紛失してしまいました…!

神よ、貴方は何故私にこのような試練を与え給うのか この記事を我が失敗の記録とすると共に、二度とこのような事態が起きないよう戒めとするッ!

 

失敗その1:PCをつけっぱなし

我が愛息は1歳を迎えました。最近まで「マーマ、マーマ~」とゾンビのように(!)ミルクを追い求めるモンスターでしたが、今月より私の側にも寄ってくる頻度が増えてきましたw それは嬉しいことなのですが、ついでに私の仕事スペースにも頻繁に出没するようになってきておりまして、昨日の朝も布団の中でゴロゴロしている脇でごそごそ何やら楽しんでおりました。それにしてもなんで子どもってこんなにデジモノに興味を示すのでしょうね。。

ちなみに本棚の本を根こそぎまき散らしてしまうので縦ではなくて横にギッチギチにするなど、対策はその都度行っているつもりでした。そう、つもりでした。

 

失敗その2:えっ… 俺の年収低すぎ デスクトップにデータがない! のに気づかずPCの電源を切る

昨日は朝から自宅に来訪の予定があり、慌てて部屋の掃除を行いました。その時PCの画面上に何かメッセージが2つほど出ていたような気がするのですが、じっくり見ることなくウィンドウを消してしまいました。これが一番大きな失敗。そしてお客さんが帰り、再びPCを立ち上げて気付いたのです。「あれ?なんかデスクトップが違う…」って。

症状としては、デスクトップに張り付けてあったファイルが全て姿を消していたという状態。フォルダはあるんです。けど中身がない。そう我が子の写真も。

復元ソフトで修復を図るも、データ量が膨大すぎて一晩かかっても終わらず。それどころかフリーズしてしまい強制終了。さらには連休中に急ぎの仕事があるため復元中断。ひと段落したら再度復元にチャレンジしようと思いますが、時間が経てば修復の可能性は下がっていくでしょう。。でも仕事は終わらせないと。

復元ソフトはコレでやってみた。お試し版もダウンロードできます。

 

失敗その3:コタツの机で仕事してた

まあこれは失敗というか家庭の事情ですけど。実家ではちゃんとしたテーブルで作業をしてたのですが、結婚・引っ越しを期にテーブルは実家に残し、使わなくなったコタツのテーブルにPCを置いて作業するようになりました。子どもが成長していろんなものを触るようになり「このテーブルで仕事続けたら、そのうちなんか問題起きるよね」と思い始めた矢先の出来事でした。

 

 

同じ過ちを繰り返さないための4つの手立て

1.バックアップをきちんと取る習慣を付ける

今回はデスクトップのデータだけでしたので大勢に影響はありませんでしたが、それにしても多くのデータが失われてしまいました。あと、もっと知識があれば修復できるのかもしれませんが、詳しい人に聞いてみてやってみたので、これ以上の追究はひとまずストップ。我が子の(故意ではない)イタズラでしたが、バックアップをきちんと複数取る習慣があれば、このような事態にも慌てず対応できたはずです。これに懲りてバックアップ(PCも、写真のデータも)について勉強します。そして、すぐに実行します。

 

2.PC付けっぱなしにしない

これだけでも今回のトラブルは発生しなかったのです(涙)しかしそのうち同様のトラブルは発生していたはずなのでいい勉強になったと捉えます。これがもし仕事のデータだったとしたら…

 

3.自分の作業スペースを作り直す

これもですね、そのうち考えなきゃなーと思っていたことなんですけど。子どもの成長に伴ってモノの配置ですとか家具とか、いろんなことを変えざるを得ないですよね。お金もかかりますが、今回の出来事を上手に(!?)プレゼンに織り交ぜながら、自分の作業スペースを確保したいと思います。どうせならブツ撮りがキレイにできるテーブルがいいなって懲りてないなオマエ

 

この記事のまとめ的な

データが消えていることに気付いた瞬間は呆然としましたが、以下のようなファインプレーにより、我が子の写真が全滅という事態は免れました。

  1. そもそも産まれた時はiPhoneしか持ってなかったので、生後数ヶ月分の写真は確保
  2. デジカメの写真はwifiでiPhoneに飛ばしていたので、写りの良い写真も確保
  3. 嫁ちゃんもiPhoneで撮っているので、その写真も確保
  4. 嫁ちゃんのじいじも写真大好きなので、写真確保
  5. じいじ謹製の手作りアルバムもあるので、写真確保
  6. つまり、iPhone最高。そしてじいじ最高。

今回の失敗を受けて、私の一番の結論。

4.デジカメで撮った(つもりの)画像はjpegとかRAWデータに過ぎない。プリントしてこそ、写真である。

 

大事なデータは、写真にして残そう。

あれ富士フイルムの人みたいだ。

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP