X100Fは家族旅行用のカメラとして使えるのか【X70と比較】

みなさんこんにちは。のろん(@noloan_)です。

そろそろ今年のGWも終わりを迎えますね。寂しいですね。今年は連休がとても少ないですからね。さて、我が家ではGWに私・嫁・子・じいじ・ばあば の大人4名・小人1名で1泊2日の旅行に出かけました。いい機会なので、我が相棒のX100Fと、前の彼女(!)X70も一緒に連れていくことにしました。ずっと気になっていたんです。X100FとX70の立ち位置の違いが。今回は時系列で旅の記録的なものを書いてみようかと思います。読み終えて、これからカメラを買おうかなと考えているみなさんに、何かひとつでも参考になればと思います(‘◇’)ゞ

 

1日目

12:00 出発

レンタカーを借りる。その足でいつもの「みはらマルシェ」にてランチを食する。安定の美味しさ。荷物がたくさんなので車から手ぶらで降りる。撮影はiPhone。料理は撮らず。我が子を撮りながら「いかん!これじゃ実験にならん!もっと意識してカメラを使わなければ」と気持ちを引き締める。

14:00 午睡

出発前にお子がお休みされる。起きるまで待つ。インスタでいいね!をしながら待つ。途中自分も寝る。

15:30 本当に出発

15:00チェックインだったのにーと思いつつ、出発。ETCカードを忘れる。レンタカーを借りる際はETCカードを持参するのを忘れずに。

運転中に雨が降り始める。折角の旅行なのに…!海辺のサンセットが撮れるかなーと思っていたので、撮れないことが残念。

17:30 チェックイン

特にトラブルなく到着。ロビーで待っている間にパシャリ。取り出したのはX70。X70をいいかげん売りに出そうと思っているので、彼女との最後の思い出(!)という意味合いも込めて極力X70を使うぞと思う。

部屋は昭和の雰囲気漂う和室。落ち着くというか、いわゆる旅館です。

18:00 入浴

温泉は最高です。ただGW中なので人が多いのが玉にキズ。お子のおもちゃを紛失する。

待っている間に、昼~ロビーでの写真をLINEで嫁ちゃんに送る。

19:00 夕食

お子の夕食が幼児用になっている。旅館の方が乳児用の食事を作り直してくれる。感謝。食事会場がおぼっちゃまくんの部屋のような100畳はある広間だったので、お子、大興奮。

食事会場にはX70だけを持っていった。28~50mmの画角で赤ちゃん+じいじ・ばあばをフレームに収めることは難しくない。

じいじがX70に興味を示したのでダイヤルの説明をするも、それ以上は深入りしない(じいじはCanon派なのだ)。

20:00 部屋に戻る

お子をじいじの部屋に連れていき、遊ばせる。私はひとり部屋でツイッターやらインスタやらで時間を潰す。外に出てスナップ写真を…という気にはならない。ブログネタを考えたりして過ごす。

この間、食事中の写真をLINEで嫁ちゃんに送る。X100FとX70の充電をする。

21:00 嫁子、部屋に戻る

慣れない部屋で寝付くまでに時間かかるかな?と思うが、まあまあぐずることもなく就寝。

***

というわけで、1日目はX70のみを使い、X100Fの出番なし!この時点であることに気付いていたのだが、それを確かめるために翌日はX100Fも使ってみることにすzZZ。

 

2日目

5:00 起床

私早起きなのです。布団の中でインスタ投稿する。

6:00 入浴

温泉が好きなのです。昨日より人が少な目なのでゆっくり湯につかる。

7:00 朝食

X70を持ち出す。お子が昨日と同じ動きをするので少々撮りやすい。

8:00 自由時間的な

お子を連れてロビーに降り、置いてあるおもちゃで時間を潰す。

後から嫁ちゃん合流。嫁+子の写真をX100Fで撮るが、お子の機嫌がイマイチで、二人の目線が合わないので数枚撮る。すると旅館の人が「写真撮りましょうか?」と声をかけてくる。私は返事をしながらすかさずバッグにX100Fをしまい、X70に持ち替える。その際AUTOになっているかどうか確認するのも忘れない。

見事、家族3人のショットが富士様の色彩で残された。

10:00 チェックアウト

ロビーで待っている間にお子を撮影。使うのはもちろんX70。この時点で結論めいたものが脳裏によぎっているが、それは最後に書くことにする。

ロビーに飾られている五月人形の前で集合写真を撮る。ワタシはX70。じいじはCanonのコンデジ。それとCONTAXのフィルムカメラ(゚д゚)!しぶい

3台のカメラを持たされた従業員の人かわいそう…その間に「私たちも」という雰囲気で家族連れが見つめている。

玄関先でも同様に集合写真。X70をAUTOで手渡す。これやな、と思う。

10:00 お土産を買う~公園で遊ぶ

お土産を買う間、手にはX100Fを持っているが、いいショットは撮れず。逆にX70の方がいい。じいじがお子を抱っこしてる写真も撮れた。チルト液晶のおかげで、てくてく歩く姿や犬と遭遇して興奮する姿なんかも獲れる。今回の実験の結論が出る。

11:00 昼食

ちゃんぽんが目当てで人が集まる店で、あえてのトルコライスを注文。X70で撮影。

普通のトルコライスはこんなもん

まあ、他にも何軒か食べてるんですけど、記事にしてみなさんにおすすめ出来るようなトルコライスには簡単には出会えないんだなってことがわかってきた。カロリーが心配。

14:00 帰宅

レンタカーを返却する。家族にとってひとつ思い出が増えました(*´ω`)

帰宅後、撮った写真を嫁ちゃんにLINEで送る。返事は「よく撮れてる☆彡」この言葉こそ正義。

 

 

この記事のまとめ

家族旅行中にカメラに求められる機能とはナニカ?
  • 集合写真を失敗せずに残す(家族以外の人に撮ってもらうことになる)
  • 待ち時間、食事時間、休憩時間の写真を撮る(スナップ的な)
  • 家族の自然な表情を撮る

以上の3点がまずもって重要とされるのではないかと思います。遊園地でジェットコースターに乗る、とかいう場合は別ですが。特に家族全員の写真、どの家族でも集合写真を撮りましょうっていうことになりますよね。そして、その時シャッターを切るのはほぼ100%自分ではない。家族でもない他の人になりますよ。恋人なら自撮り棒でも何でもいいですけど、所帯持ちになるとそうもいかなくなる。ような気がする。特にじいじとばあばに自撮り棒に向かってイエ―とかさせられんw

ということは、家族旅行に持って行くカメラというのは、カメラ(写真)に詳しくない人がシャッターを切ってもキレイに撮れる機能を備えたカメラが望ましい。ですから、X100FとX70を比較した場合、これは圧倒的にX70の勝ち!ということになります。のろん的には。自分だってX100Fを自由自在に操れていないのに、他人に上手に設定して渡せないし。あと、家族旅行でドタバタしてる時に、これは1600万画素だとか、2400万画素だとか、いちいち考えてる余裕はない。

 

X100Fは、ファインダー越しに自分と向き合うカメラ。自分と対話するカメラ。

なのです。少なくとも今の自分には。だとしたら、家族が目の前にいるのに自分の内面を旅してるんじゃねえよって話なのです。そういうのは時間を見つけて一人の時にすればよろしい。もし、もっとX100Fの扱いに慣れて、意のままにこのカメラを操ることができるようになれば話が変わって来ますが。現在の私には家族でお出かけする際にはX70の方が扱いやすいカメラだということになります。

 

【今回の実験結果】
1. X100Fは自分の撮影技術が上がらない間は、家族での撮影には向かない
2. 家族写真を他の人に撮ってもらう可能性が大=AUTO機能がついたカメラが良い
3. 小さい子どもを撮るのには、チルト液晶はやっぱり便利
4. APS-Cセンサー・チルト液晶搭載のX70は家族旅行に持ち出すには大変頼もしい

以上で今回の実験報告とさせていただきます。

 

それでもX70を一度手放すことにする。なんでや!?

  • 資金作り
  • 2017年10月までに後継機が出る事を期待
  • やっぱりブラックがいい

以上の3点です。10月にはディズニーランドへ遊びに行く計画を立てているところなので、そこではX80のブラックを手に幸せな写真をたくさん撮って来る!はず。でも1600万画素機のサクサク具合も改めて気に入ったので、X70のブラックを買い直して出発するかもしれません!

28mmのレンズとボディを買うより、X80を買う方が安く収まると思うんだ。と言い訳を構築中

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP