ホームページのお世話をしていたらお金をいただいた話

どうも。のろん(@noloan_)です。

私、2016年1月から某所のホームページ運営を担当しています。デジタルっぽいことに興味がありそうということで、前任者の方から声をかけられたのです。

 

思ったより、webに興味のある人がいない(特に田舎)

軽い気持ちで始めたホームページ運営ですが、意外と手間がかかる。すごいかかる。そして24時間いつでも「ホームページに上げといてください」と言われたら仕事をしないといけないw ボランティアとは言えこれは失敗したかなぁ…という気持ちにもなりました。周りを見渡すと、この仕事を引き継いでくれそうな人も全然いない。おそらくあと10年はやらなきゃね…という感じ。

 

思い通りにいかないから、リニューアル

前任者の方が作ったページを、指定された手順で更新。はっきり言って全然面白くない。とにかくデザインが自分好みではない。普段はブログしかやらないので、ボランティアのために自腹でソフトを買うのもねぇ…と大分躊躇しましたが、どうにもストレスが溜まるので、とうとうソフトを購入してしまいました。とは言ってもサイト構築にじっくり時間をかけられないので、お手軽にリニューアルしようぜということで「ホームページビルダー21」を購入。ちょっと自由度が低くて後悔。でもいいの。お手軽さが命。集中して作ったら数時間でリニューアル完成。

 

お世話代をいただいた

昨日、話し合いがあったので参加したところ、委員長の方から「のろんさん、これ」と封筒を差し出された。「財務の人から、ホームページのお世話代です」との事。えーマジですか。いいんですか。ありがとうございます。と言って受け取り「どうせ1000円とかでしょ」と思ったのですが(自分にとっては)なかなかの金額が入っておりました。…団体の運営は大丈夫なのか?

 

本業ではないことで、お金をいただくということ

購入したソフトの金額、通信費、作業の時間なんかを考えると当然マイナスにしかなっていないと思いますが、ボランティアなのでそんなことは気にしていませんでした。しかし。自分にとっては本業ではない活動で誰かに感謝されてお金をいただくということがほぼほぼ始めてだったので、思いがけず感慨深いものがありました。お金のためにやっているわけではありませんが、素直に嬉しかったです。ああこんなのでも感謝されてるのかと。

 

使い道は…?

このブログの運営も当然マイナスなんですがw アフェリエイトとアドセンスの数字がちょこちょこと上がっています。それらをコツコツと貯金して機材を買えたらいいなあ(*´Д`)

そういう希望が膨らむのも、またブログの良さだなっと思います。

それでは今日も本業をがんばります!

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP