初心者・型落ちの機材でも撮れる!一眼レフでミニバス撮影に挑戦した半年間【機材編】

どうも。のろん(@noloan_)です。

2017年に入り、一眼レフでバスケットボール(ミニバス)の撮影を始めました。そもそもの動機は写真に興味がわいて来たことと、自分の子どもが大きくなった時にスポーツの撮影をすることになるのは間違いないので(少なくとも運動会)今のうちから練習しておこうと思ったことです。

…で、いざ調べてみるとバスケットボールの撮影について詳しく書かれている記事ってあんまり見つけきれませんでした。なので、自分が思考錯誤しながらわかってきたことをお伝えすることで、我が子のプレーを写真に残したいパパママ、あるいはチームで撮影担当になった方w のお役に立てるのではないか?と思った次第です。ですので、この記事を読んでいただきたい方は普段カメラなんてあんまり興味のない保護者さんって感じです。詳しい方は、間違った記述があってもどうか優しい心でスルーをお願いします…

 

この記事では機材について語ります

現在の私の機材構成(2017.8現在)

◆ボディ:Canon EOS 60D(2010年発売)

◆レンズ:TAMRON AF 28-300 F3.5-6.3(2004年発売)

以上です。相当昔の機材ですね。

…これは、先輩に「カメラやってみたい」と話したところ、いろいろセットにして5万円で譲ってくれた機材です。5万円て安くないですか?これと一緒に

◆ハンドグリップ ◆予備バッテリーと充電器 ◆レリーズボタン ◆三脚 ◆カメラバッグ ◆レンズフード ◆プロテクトフィルター

も譲ってもらいました。全てほぼ新品。太っ腹先輩。

 

このカメラってどんくらいのスペックなんですか?

すみません私も始めて半年なもので、よくわからないんで調べてみました。

【Canon EOS 60D】(2010年モデルの中級機)

◆1800万画素

◆DIGIC4

◆ISO 100~6400

◆約5.3コマ/秒

◆オールクロス9点AFセンサー

 

【Canon EOS Kiss X8i】(2015年モデルのエントリー機)と比較すると…

◆2420万画素(60Dの負け)

◆DIGIC6(60Dの負け)

◆ISO 100~12800(60Dの負け)

◆約5コマ/秒(60Dの勝ち)

◆オールクロス19点AFセンサー(60Dの負け)

 

…なんと60Dは型落ちのエントリーモデルにさえ劣るスペック!なので、これくらいのカメラでも十分ミニバスの撮影ができる!というのが今の私の考えです。あ、望遠レンズは必須です。あとボディの質感なんかも違うと思いますが、ここではカメラが欲しいんじゃなくて「バスケの写真を撮りたい」というのが目的ですのでご了承ください。

それで、今の私としては60Dで撮れる写真でも満足と言えば満足なのです。買い替えたらもっといい画が撮れるってことかそうか

連射の性能も若干落ちますが(ここが一番重要かもしれないが)これと同程度のスペックでも、ミニバスの写真は撮れました!ということを私はパパママにお伝えしたい。

 

レンズはどのくらいのやつがいいの?

今の私が使っているレンズは、上記「EOS Kiss X8i」に付属の望遠レンズより劣るスペックじゃないかと思いますが、唯一勝っているのは望遠域。上記セットのレンズは250mm(35mm換算で400mm)なのに対し、私の望遠レンズは35mm換算で460mm…ってよくわかりませんよね。要するに上記セットのレンズより私の使っているレンズの方がズームが効くってことです。ですが、上記セットでも全然問題ないと思われますよ。

 

隣のコートのボール。どうですかこれぐらいでは満足しませんか?

 

フロアを撮るとこんな感じ。この位置から逆サイドのリングまでズームができました。

 

隣のコートのリングを撮ったら、こんな感じ。ネットにピントを合わせているつもり。

 

 

結局ミニバスを撮影するのに、どのくらいのカメラが必要ですか?

このくらいの機材で撮ってます

カメラもレンズも上を見たらキリがないでしょうし、これよりも低いスペックでも技術があればいいシーンを写真に収めることができるのかもしれません。そうじゃなくて

撮影をはじめて半年で、私はこの程度の写真が撮れるようになりました、ということ。

なので、予算的には10万円もあれば十分ミニバスの撮影ができるスペックのカメラは手に入りますよ、と言いたい。

もちろん明るいレンズがいいでしょうし、ズームももっと効くほうがいいでしょう。フルサイズのセンサーの方がいいでしょう。でもバスケの撮影に関して言えば、とりあえず連射のコマ数とレンズの明るさ(F値)とAFの性能が重要だと思います。出せる予算の中で、いきましょう!

 

余談ながら

あと、体育館でカメラを構えることになって気付いたことですが、撮影するならカメラは大きい方が見映えがする(!)ということ。

逆にコンパクトなカメラだと恥ずかしい感じがします。大きいカメラの方が堂々とできるし、人もカメラの前を避けてくれる。

しかし忘れちゃいけないのは…

チームと選手と審判が主役で、その人たちからすれば、カメラマンは邪魔な存在でしかないということです!

 

追記


…ツイッターで御指摘をいただきました!親指AF?露出ロック?すみませんやってません…やり方知らない。 ていうことはこれを覚えればもっといい画が撮れるはずということ!

というわけで【撮影編】につづく。

 

 

Instagramも見ていただけると喜びます。
アカウントはこちら

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP