• 60D

【撮影スポット】長崎・神の島教会【CanonEOS60D】

どうも。のろん(@noloan_)です。

今年の夏休み、一人になったチャンスに写真を撮りに行きました。家族と一緒に行動する時はなかなかじっくりカメラを構える時間は取れないので、こういうひとりきりの時間が私は好きです。もちろん家族と過ごす時間も大事なんですけど、ひとりの時間も大事。

カメラはこちら。新しく(中古で)購入したレンズで風景を撮ってみたいなーと思ったのです。

撮影場所:カトリック神の島教会


こちら、神の島と言いますが現在は陸続きです。長崎には鎖国時代、隠れキリシタンの方が潜伏していた歴史がありますが、その辺りの経緯はボク全然詳しくありません。

交通手段は「長崎バス」というバスが通っていますが、観光客の方であればレンタカーで移動することをオススメします。自由度が違う。

 

撮影したかったのはこちら

教会を少し離れた岬の先にマリア様がおられるのです。このへんの風景を超広角で撮ったら美しいのではなかろうか!と思ってやってきました。

 

神社の鳥居とマリア像が同じ場所に。さすが隠れキリシタンの里、長崎ならではって感じがします。超広角便利。そしてめっちゃ暑い。

 

マリア様は船の無事を祈っておられるのでしょうか。

ぼくカトリックの幼稚園に通ったので、キリスト教の施設に入ると厳かな気持ちになります。

 

マリア像。かなり大きいのですが、超広角レンズのおかげで全身と後方に見える神の島教会も画面に収めることができました。旅行の時に便利と言われる所以がわかるような気がします。

日差しの関係でマリア様の顔がちょっとこわい。夕方の日差しがいいような気がする。そんなタイミングでやって来れるのはいつの日か。もしかしてこういう時にフラッシュを焚くの?

 

展望台のようになっています。奥に見えるのは三菱重工香焼工場。長崎感を堪能できます。普通の観光客だとなかなかここまでやって来ることはないと思いますが、なかなか良い眺めです。

この時は干潮だったので下の岩肌がけっこう遠くまで見えます。下に降りてみよう。ていうか暑い。

 

これ!これを撮ってみたかったんです。マリア像と左奥の教会。そして右奥に女神大橋!…と思ったけど、あんまり良くない。被写体に寄った方がグワーってスゲーって感じになるのかな?引いた時に上手に撮れないな。

暑いので退散。へなちょこりん。

 

教会を撮りに行こうって階段なにこれ!急すぎるぜ。途中で2回ふらついた。晴れた日の青空はどんなカメラで撮ってもキレイな気がする。

 

教会に到着。これも超広角レンズじゃないと全体は収めきれない…っていろいろいいアングルを探そうと思ったら左手でバーベキューの準備をしていたのでウロチョロできずw

教会内部も撮影禁止だったので残念。でも厳かな気分を味わいました。そして暑い!おっさんの夏休み終了!

 

この記事のまとめ

神の島へ行く途中は、三菱重工長崎造船所(飽の浦工場)が見られます。細い道から見える巨大なクレーン達は男子なら必ずグッとくるはず。女子はわかりませんが…

こんな風に、地元民ならではの写真映えするポイントを紹介できればいいなーと思います。

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP