異国からやって来た鈍色の少女:FUJIFILM X-Pro2 グラファイトエディション

どうも。のろん(@noloan_)です。

12月1日に本業でこれまでの全てを懸けた一大イベントがあり、精根尽き果てておりました。「たけさんぽ」への参加をお断りし、盛り上がるツイッター界隈に絡む余裕すらないほどに。

そんな最中、静かに新しいカメラとの邂逅を果たしました。余裕あるじゃん。

いや、余裕があったら譲り受けなかったかもしれません。そのカメラとは

 

FUJIFILM X-Pro2 グラファイトエディション

 

事の発端

ツイッターを始めたごく初期にお知り合いになったshirofilmさん。彼が今年購入したのが「FUJIFILM X-Pro2 グラファイトエディション」。

「この色がいいね」と君が言ったから、3月9日はグラファイト記念日 ーシブリバラ短期大学

日頃からツイッターでやりとりをさせてもらっているのですが、その最中に「グラファイト○○万でいらない?」と言った書き込みが。

最初は冗談かと思っていたけれど、数日後、同じような内容のつぶやきをするshirofilmさん。

確かにグラファイトを日頃使っている様子はあまりないけれど、きっと大切に扱っているのだろう。そう思っていました。

 

自分の計画

こちらはと言えば、今年の初めにX100Fを購入し、程なくX70を買い戻す。順調にフジの病が進行する日々。

もちろんレンズ交換式のカメラにも興味はありましたが、どのマウントにするか決められず、お金もなく、しばらくはX100Fをメインで写真を撮っていこうと考えていました。

マイクロフォーサーズもいいなあ、などと思いながら、当然Xマウントは第一候補として考えていました。

しかしお金がない…今年の冬のボーナス分をガマンすれば、自分の懐にも余裕が出てくる。そこまでの辛抱だ。

【考察】フラッグシップのカメラ(FUJIFILM X-Pro2)は、私にはまだ早すぎたのかもしれない -シブリバラ短期大学

 

譲渡の申し出

ツイッターでやり取りするshirofilmさんへの反応は他の方も「欲しい…!」というものがほとんど。

自分も欲しいっちゃ欲しいけれど、ボディだけ買っても仕方ないし、早く他の人が申し出て、煩悩を消してくれないかと願いながらタイムラインを眺めていると

「…まあいいや。大事にします」といったつぶやきが。

それに胸騒ぎがした自分。

なんとなく、自分が手を挙げなきゃ、この人グラファイト手放しちゃう!という気持ちになったのです。

仕事で疲弊し、正常な判断ができなかったのかもしれません。病が進行しています。

お金の予定も大幅に狂いました。果たしてその後、後悔したのかどうかは最後に。

 

ギリギリのタイミング

後から分かりましたが、その時すでにshirofilmさんは売却の手はずを整えていたということ。

だから即レスで荷物届いたのかw とも思いましたがw

しかし、荷物を先に送り、現物を見て気に入らなければ返却可能。送料無料。ボディケース2個付き。お値段○○万円。

リアルの知り合いでもない私がアカウントを消してドロンする可能性だって無いわけじゃないのに。shirofilmさん、いい人だ。

あまりにも美しく、またキズがひとつも見受けられなかったので「こめん、やっぱ返して」と言われないか心配で、レンズが届くまでは触りませんでした。

いやレンズが届くまで触らないのは普通か?

SNSでもこんなご縁みたいなものがあるのかと驚いた2017年の冬の出来事でした。

ありがとう。そしてお別れ。FUJIFILM X-Pro2グラファイト -シブリバラ短期大学

 

いいかげんカメラの紹介しよう。

 

 

まるでジ○ンの魂を象徴しているようだ…

外観

開封してまず感じたのは「ガンダム的だな、君」ということw

黒いガンダムとか、ユニコーンバンシィとか。あとセットになっているはずのレンズ(XF23F2)が欠品のため、ジオングをはじめて見たシャアの気持ちになりました。

色味で言えばG3ガンダムか?とにかく1000台限定ということで、量産型ではないな。

コイツを自分が乗りこなせるのか…?ニュータイプでもないのに?

…私に強化人間になれと?

もういいですかねガンダム好きの方には雰囲気がわかっていただけるかと思います

 

握るとなんだかゴツゴツしてやがる…さらにガンダム感アップ

オレンジの差し色が美しい

 

うわあ…ゴツい…

ダイヤルの感触はX100Fより軽い印象

 

このライン、なんで斜めになっているのか?と疑問だったのですが、握ってみると操作しやすいように敢えて角度を付けているんだな、とわかる。

なんとなく、魂を感じる。予算や採算の枠を越えて開発されたカメラなんだろうな。こんなとこ、普通はこだわらないでしょう…みたいなのがもっと細部に散りばめられているよう。使えば使うほど、そういう発見があるに違いない、このカメラ。

そう感じたのは、ちょうど自分がそこまで追い込んで仕事をしていたからかもしれない。

 

X100Fとの比較。

明らかにシルバーではない。かといってブラックとも完全に異なる雰囲気。

なんだキミは。キミみたいな女の子見たことないぞ。どこの国から来たんだい?みたいなストーリーが浮かんでくる。ああ、この子を養子に迎え入れたんだ、的な。

モノに気持ちを込めるのは変ですか?

 

サイズはX100Fよりさらに大きく、重い。レンズが付くと一層顕著。誰だ、このカメラを「コンパクト」などと評価するのは。

出自がカシオのエクシリムとiPhone4Sだった自分が断言します。

このカメラをコンパクトと言ってる人は一眼レフのでっかいやつに慣れきった人です。はっきり言いますコイツはデカい。

こんなデカくてできることは写真を撮ることだけ。いやそれにしちゃデカいでしょ。一歩譲って動画も撮れるよね。それにしたってデカい。大事なことなので4回目。デカいよ。

スマホだって携帯ゲーム機だってもっといろいろ出来るのに小さくて軽い。

こんだけデカくて重くてできることは写真撮るだけって…それ写真機って言うんじゃん。

写真機?

ああそうか、これが写真機というのか。

デジタルかもしれないが、この機械には作った人の魂が込められている。

 

ちなみにX100Fはこんな場所に激しいキズが…

この子にもいずれキズが入ってしまうなー。それは悲しい。

でも使わなきゃこの子をここに連れて来た意味がない。

そうか、レンズ買わなきゃ意味がない←病んでる

 

オマケでいただいたボディーケースを着けてみる。おお…さらにデカいわ。でもなんかしっくりくる。

 

グラファイトとネイビーの組み合わせが素敵すぎる。こいつは気に入った!shirofilmさん、センスあるぅぅ

 

 

きりがないのでまとめ

褐色の肌の少女を養子に迎え入れたかのよう

見たことのないボディ色。譲り受けたとは言え、キズひとつない美品(本当にない!)。

まさかこんなカメラが自分の手元にやってくるとは考えもしませんでしたが、写真とカメラで人生のストーリーにまた一つ彩りが加わりました。後悔の気持ちは全くありません。

shirofilmさん、素敵なカメラをありがとうございました。大事に使わせていただきます!

 

これで我が家にはXシリーズが3台。あと60D。

ツイッターでフォローしている皆さんが次々フジ離れしているのが少々気になりますがw 自分はこの道を行きます。

 

【次回】X-Pro2グラファイトに最初にセットしたレンズは一体…?

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP