毎日少しずつ、写真を撮るということ。

忙しさに流されていくだけの毎日。写真を撮る時間なんてない。

そう思ってしまったら、何も撮れなくなるのではないか。

まずはカメラをバッグの中に忍ばせよう。

心のアンテナを磨いて、感受性を高めよう。

グッときたものなら、なんでもいい。カメラをそこに向けてみよう。

そう思って、カメラの電源をそっとオンにする。

 

あなたにもありませんか。こんな経験が。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP