長崎紫陽花(おたくさ)まつり

長崎市の花は紫陽花(あじさい)です。長崎では「おたくさ」とも呼ばれます。詳しくは「シーボルト おたくさ」で検索。下のリンクを読んでもらっても。

日本に愛する妻を残してオランダに戻らざるを得なかったシーボルトの切ない物語が地元民(じげもん)の心に…みたいな感じで長崎市の花は紫陽花です。

気付いたら例年「紫陽花まつり」を行うようになっておりました。とにかく観光推しな長崎。頼れる産業がないのがちょっと切ない。そんな長崎。

長崎紫陽花まつり|ながさき旅ネット

 

長崎紫陽花まつり

「紫陽花」と書いて「おたくさ」と読む

会場がいくつか書いてあるけど、街中に紫陽花は咲いてるから大丈夫。

 

X100F(Veivia)

普段は植物は撮らないけれど、紫陽花は撮りたくなる。それは長崎人だから。

 

X100F(PROVIA)

眼鏡橋周辺は石畳なので絵になります。

 

X100F(Classic Chrome)

フィルムシミュレーションってやっぱり便利。

X100F(PROVIA)

雨の日の方が雰囲気出ますよね。今年は暑くて紫陽花がかわいそうになる

 

X100F(PROVIA)

修学旅行もいいんですけどね、オトナになって一度は来ていただきたい。長崎。

オトナの人が言うには「九州はどこに行っても食べ物が美味しい!」とのこと。それはその通りだと思う。

 

長崎は皆さまのお越しをお待ちしています

長崎に来て、できればやっていただきたいことは「地元の人と話す」こと。

皆さん親切だと思うのですよ。道を尋ねたら「どこに行くとね?一緒に行ってやるけん!」みたいな人も時々。

私も話しかけられたら長崎弁30%アップでローカル感を演出する用意をしてお待ちしています。

あ、あと絵になる風景もたくさんあるので写真撮りに来てほしい。

 

 

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP